So-net無料ブログ作成

直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、出産育児一時金の直接支払制度の完全実施を1年先送りし、来年3月末まで猶予する方針を固めた。また、請求・支払いの機会を月1回から2回に増やす。

 昨年10月から実施されている直接支払制度では、出産育児一時金42万円が、出産した人ではなく医療機関に保険者から直接支払われる。退院から支払いまで1-2か月かかり、その間は医療機関が分娩費用を立て替えることになるため、現場から「資金繰りが苦しくなる」と反発する声があり、完全実施は今年3月末まで猶予されていた。


【関連記事】
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏

ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
札幌ホーム火災 吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)
佐藤昭子氏死去(田中角栄元首相の元秘書)(時事通信)
公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。