So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「バービーボーイズ」メンバー名乗り、詐欺容疑(読売新聞)

 音楽バンド「バービーボーイズ」のボーカル・KONTA(こんた)さんの名前を悪用し、金をだまし取ったとして、兵庫県明石署は24日、神戸市兵庫区大開通、派遣社員山下百実容疑者(37)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、山下容疑者は2008年5月頃から、高校の同級生だった明石市内の無職女性(37)がファンというKONTAさんを名乗り、女性の携帯電話にメールを送信。同年10月4〜29日、「食事代がない」などとメールを送り、女性から6回にわたって計10万9000円を山下容疑者の預金口座に振り込ませた疑い。

 女性は、このほか約250万円を振り込んだと話しており、同署は余罪があるとみて山下容疑者を追及する。

20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割−喫煙者調査(時事通信)
<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)
答弁拒否、閣僚席飛び出し…“国会崩壊”の様相(読売新聞)
ヤフー 売り上げ、利益とも過去最高 09年4〜12月期決算(産経新聞)
<朝青龍関>暴行された男性は鼻骨折(毎日新聞)

神戸・女性不明 知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)

 神戸市中央区の飲食店員の30代女性が1年以上前から行方不明になっており、兵庫県警捜査1課は22日、女性の知人の40代男の「複数の男と共に埋めた」との証言に基づき、死体遺棄容疑で京都府綾部市の山林の捜索を始めた。同課は、女性が事件に巻き込まれた可能性が高いとみている。

 現場の捜索には、証言した知人男を立ち会わせている。

 捜査関係者によると、女性は九州出身で、家族が県警に捜索願を提出していた。女性の部屋には荒らされた跡などはないという。

【関連ニュース】
屋久島元社長不明:栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認
男性不明:古井戸の底から遺体 栃木の小学校跡地
屋久島元社長失踪:「栃木に埋めた」別事件の男供述
死体遺棄:練習馬場に埋めた乳児の遺体発見…多摩川河川敷
瑞穂・女性遺棄:容疑者を鑑定留置へ

「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)
<訃報>渡辺康雄さん89歳=嘉田由紀子・滋賀県知事の父(毎日新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
<はなかっぱくん>NHK教育のテレビアニメに 3月放映(毎日新聞)
<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)

産科補償制度で原因分析を開始(医療介護CBニュース)

 日本医療機能評価機構の産科医療補償制度原因分析委員会は1月18日、第11回会合を開き、本格的な事例審議をスタートさせた。

 同制度の補償認定者は20日現在、12人。補償対象と認定された事例については、原因分析委員会が脳性まひを発症した原因を分析し、再発防止策などをまとめた報告書を作成する。

 18日の会合で審議されたのは、昨年9月に補償対象と認定された事例。事務局の担当者によると、報告書は早ければ2月にもまとまる予定だが、事例がまだ少なく、補償認定者の特定につながる恐れがあることなどから、報告書の公表は一定の期間を置くことなども検討するとしている。


【関連記事】
原因分析「医療側の考え方で進めるしかない」―2009年重大ニュース(8)「産科医療補償制度」
回避可能性「記載しない」方針を最終決定―産科医療補償制度
責任追及の質問には「答えられない」−産科補償制度で事務局案
原因分析報告書案で議論紛糾−産科医療補償制度
産科補償制度で5事例を初の補償認定

<河野太郎氏>青木氏出馬表明に「古い自民の代表」(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=妻と長女か−横浜(時事通信)
現金やパソコン、中古車4台…350万円の窃盗被害(産経新聞)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)

<火災>4階から71歳住民が飛び降り?死亡 横浜(毎日新聞)

 18日午前0時45分ごろ、横浜市南区西中町2のマンション4階の無職、岩佐亨さん(71)方から出火、鉄筋コンクリート4階建てのうち岩佐さん方約24平方メートルを全焼した。マンション脇の路上に岩佐さんが倒れており、顔のやけどや腰の骨を折るなどして約4時間半後に死亡した。

 神奈川県警南署で出火原因を調べているが、岩佐さんは1人暮らしで玄関は施錠されていた。火災から逃げるため、岩佐さんは部屋の窓から飛び降りた可能性があるという。【中島和哉】

【関連ニュース】
火災:ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京
別府市火災:行方不明の男性 別府駅ビルで発見
火災:桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼
火災:東京の西新橋で10棟が燃える
火災:ラーメン店の客死亡 埼玉・越谷

小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
外国人参政権、谷垣氏も「反対」(産経新聞)
石原知事、派遣村「かなり勝手な人がいる」(産経新聞)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
日赤医療チームなどが現地へ=ハイチ地震−成田空港(時事通信)

免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)

 免疫不全の実験用ラットの作製に、京都大学大学院医学研究科付属動物実験施設の真下(ましも)知士特定准教授らの研究チームが世界で初めて成功した。26日付(日本時間)の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載される。免疫不全ラットは、これまで一般的に実験用動物として使われていた免疫不全マウスより体が10倍以上大きいことから、実験の効率が大幅にあがると期待されている。

 研究チームは、ヒト細胞内で悪影響を及ぼす特定の遺伝子の性質を破壊して健康状態にする治療法「ジンクフィンガーヌクレアーゼ」に着目。この治療法を応用して、逆にラット内で正常に働く遺伝子の一つを破壊し、免疫に異常のあるラットを作ることに成功した。

 ヒトのがん細胞を体内で素早く増殖させて、がんの新薬の効果を簡単に検証したり、免疫がなく体内に入る物質を拒絶しないことからiPS細胞を注入して効果的に培養するなどの研究に活用できそうだという。

 真下特定准教授は「今回の方法では、免疫不全ラットを4〜6カ月で数十匹作ることができる。今後、このラットでがん研究などの躍進が期待される」と話している。

【関連記事】
遺伝子の動き抑制法を開発 京大、がん治療やiPS臓器作成に道
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
iPS細胞からの精子・卵子作製を解禁へ 文科省専門委が指針案
世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら 
京大、iPS細胞で新特許2件獲得

小沢幹事長、無言で町村会館を出る(産経新聞)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関し、19日の閣議後会見で閣僚の反応が相次いだ。ただ、公然と批判するような発言はなく、小沢氏が任意の事情聴取に応じるべきかについても「ご本人の判断」との回答が多かった。

 前原誠司国土交通相は「国民はどの(世論)調査でも『(小沢氏の)説明責任が十分果たされていない』という方が大半だと思うし、私も、そう思う国民の思いはよく理解できるので、事情聴取に応じられる方向になったのは非常にいいことだ」と指摘した。

 中井洽国家公安委員長は事件に関し「(東京地検)特捜(部)も説明責任があると思っている。なんの事件なんだろう。よくわからない」と述べた上で、検察と対決する小沢氏の姿勢について「人生哲学、長年の経験に基づいた思い、『いま一番大事な時に』という悔しさ、いろんなことがまざってるんだろう」と語った。

 直嶋正行経済産業相は「現職議員が逮捕された事態は深刻に受け止めないといけない。ただ、検察のやり方に検察OBからも批判があったりして、私のように外から見ているだけの立場ではコメントは非常に難しい」と話すにとどめた。

【関連ニュース】
中央防災会議:被災地生活支援の特別立法を検討
閣僚:担務を変更 財務相交代などに伴い
サッカー:政府、北朝鮮チームの入国許可へ
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
国家公安委員長:新宿・歌舞伎町の夜を視察 警官を激励

【from Editor】命の重さは…(産経新聞)
副幹事長ら無言で立ち去る=民主党本部前(時事通信)
北沢防衛相 インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示−消費者庁(時事通信)

「権力の行使は問題」小沢氏が検察批判(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は16日午後、報道陣に対し、「非常に残念に思っているし、このような事態が起こったことについて、国民におわびを申し上げる。(党大会で)今スピーチをしたばかりだが、事務所の収報告書の記載の間違いがあった場合、ほとんどの例で訂正・修正報告で許されてきた。ところが、大久保(公設第1秘書)の逮捕についても、突然呼び出され、突然逮捕という経過をたどっている。そういう権力の行使は問題だ」と述べた。

 その上で、「鳩山総理からも話があったが、私は(報道陣の)みなさんが非常に関心を持っている土地購入問題について、何も隠し立てはしておらず、検察からの問い合わせにも、○○銀行の○○支店の口座であると説明しており、検察からも帳簿が見つかったという答えを頂いている。これで誤解は解けたと思っていた。ところが突然こういう問題が起こった。党大会に合わせたように起きたことには、とうてい納得できない」と検察を批判した。

 自分自身の進退については「総理に対しても(検察の)こんなやり方で幹事長を辞任する必要はないと述べた。輿石幹事長職務代行に職務をお願いするかもしれないが、幹事長の職務を欠かすことがないように(検察と)闘っていきたい」と語った。

 一方、地検の聴取に応じるかどうかとの質問については、「地検の問い合わせには答えている。(記者会見の場でも)『個々については言わないけれど、検察は事実関係を把握しているはず』という表現で答えている。捜査はこれまでも協力してきたし、これからも協力はする。公正な捜査を展開するよう願っている。私は1銭も不正な金は入手していないし、金の出所もはっきりさせている。献金を隠したり、うその報告はしていない」と自らの潔白を主張した。

小沢幹事長、2回目の衆院本会議には出席(産経新聞)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
<火災>桑田真澄さんの父、泰次さんが死亡 住宅が全焼(毎日新聞)
ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
本当に“派遣村”だった? 存在意義めぐり議論(産経新聞)

拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕−北海道警(時事通信)

 脅迫罪で起訴され拘置所に移送中に警察官に暴行したとして、北海道警札幌西署は18日、傷害と公務執行妨害の容疑で種田賢一容疑者(23)=札幌市東区東苗穂=を逮捕した。同署によると、容疑について黙秘している。
 逮捕容疑は7日、同市西区の道警琴似留置場から東区の札幌拘置支所へ移送される際、担当した札幌南署員2人の襟をつかんで引き倒すなどして、男性巡査部長(55)に左手首骨折など約2カ月のけがを負わせた疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼の男逮捕
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり
責任能力など争点に=整理手続きが終了

羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
<石川議員逮捕>失職恐れる 否認理由漏らす(毎日新聞)
<石川議員逮捕>鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)

「児童」受給者は申請免除=子ども手当で−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は18日、2010年度に支給する子ども手当の制度概要を都道府県などに示した。小学校卒業までの児童のいる世帯に支給している現行の児童手当の受給者は原則的に申請が免除されるが、その所得制限を超える世帯や中学生などの新たな対象者については、支給窓口となる市区町村に申請する必要がある。新たな対象者は、今年9月末までに申請して認定を受ければ、4月分にさかのぼって受給できる。 

<神奈川県>不適正経理14億円 5年間で5073件(毎日新聞)
金魚の初市 色鮮やかな58万匹が競りに 愛知県弥富市で(毎日新聞)
<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)
<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
「年男・年女」国会議員65人 72歳最多は自民、36歳は民主(産経新聞)

センター試験 全国725会場で始まる(毎日新聞)

 10年度の大学入試センター試験が16日、全国725会場で始まった。センター試験を利用するのは過去最多の811大学・短大で、志願者数は前年度比1.7%増の55万3368人。センター試験利用大学の総募集人数(18万4340人)に対する志願倍率は08、09年度と同じ3.0倍だった。17日まで2日間にわたって行われる。

 志願者の内訳は現役生44万148人、既卒者10万6653人、その他(高卒認定試験合格者など)6567人で、現役比率は過去最高の79.5%。今春の高校卒業見込み者(107万2513人)の41.0%が志願し、過去最高を更新した。

 新型インフルエンザの影響が懸念される今年は、体調が悪い受験生のための別室受験の準備など、各会場は対応に追われた。本試験を受けられなかった場合30、31日に追試を実施する。例年全国2カ所だった追試会場は全都道府県に準備する。

 同センターによると、新型インフルエンザなどの病気やけがで、追試受験の許可を受けたのは15日現在、全国で228人。うち154人が季節性を含むインフルエンザが原因だった。【井上俊樹】

 ◇問題と解答は「毎日jp」で

 主な科目の問題と全科目の解答は17、18日朝刊に掲載します。全科目の問題と解答は当日の全試験終了後、総合情報サイト「毎日jp」(http://mainichi.jp/life/edu/exam/center10/)でご覧になれます。16日の英語リスニングの問題は音声付き。携帯電話向けサイト「毎日新聞・スポニチ」でも、主な科目の解答を掲載します。各社のメニューリストからアクセスしてください。

【関連ニュース】
センター試験:725会場で16日から 55万人が志願
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
国立大学:新型インフル感染者、入試2次でも追試験実施
大学入試:国公立大2次試験の前期日程、149大学で開始
大学入試:国公立大2次試験の前期試験スタート 北海道

自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策−環境省(時事通信)
中学生3人、常磐道に自転車など投げ入れる 茨城・つくば(産経新聞)
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)
橋下府知事のSPが倒れる(スポーツ報知)
大麻の中2女子、吸引は自宅の部屋 逮捕4少女以外も捜査(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。