So-net無料ブログ作成
検索選択

独法を大掃除、事業仕分け第2弾開始(読売新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は23日午前、東京日本橋の貸会議室で、税金の無駄遣いを洗い出す「事業仕分け」の第2弾の作業を始めた。

 同日と26〜28日の4日間で、104ある独立行政法人のうち10府省が所管する47法人の151事業を対象に行う。枝野行政刷新相や蓮舫民主党参院議員ら国会議員、民間の「仕分け人」が公開の場で、各法人の事業の効率性や妥当性などを議論。仕分け結果を踏まえ、5月中旬にも独立行政法人制度改革の基本方針をまとめる方針だ。

 鳩山首相は23日午前、首相公邸前で記者団に「国民も大いに期待している。天下りなど長年のあかを完全に洗い出し、大掃除をやってもらう」と語り、政権浮揚への期待感を示した。

 行政刷新相は同日午前の閣僚懇談会で「事業の必要性、有効性等の検証を行う。議論の結果を踏まえ、類似の事業の横断的な見直しを行い、制度・規制等の見直しを進める」と述べた。

 今回の仕分け作業は「仕分け人」が2班に分かれ、「廃止」「見直し」「民間に移管」などの判定を下す。研究開発を行う法人や病院を経営する法人など類似の法人をまとめて取り上げ、国や民間企業との役割分担の見直し、法人同士で重複する事業の解消に重点を置いて議論する。

 23日は内閣府所管の沖縄科学技術研究基盤機構など9法人を取り上げる。同機構は沖縄科学技術大学院大学の12年度開校に向けて準備を進めているが、国内外の有識者による運営委員会の経費や職員の給与が過大だと指摘されている。

女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕−福岡県警(時事通信)
<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)
巨大こいのぼりのトンネルにウキウキ 墨田区役所(産経新聞)
山形新幹線、人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)

郵便不正、元局長「作文調書」署名求められた(読売新聞)

 郵便割引制度を巡り、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の被告人質問が14日、大阪地裁で始まった。

 検察側は、村木被告の当時の同僚ら関係者の捜査段階の供述を根拠に、村木被告の有罪に自信を見せるが、同僚らは公判で供述を次々と覆しており、供述調書の「信用性」が大きな焦点となっている。

 弁護側の質問で、村木被告は「昨年6月の逮捕直後の取り調べの際、検事から『あなたは20日間の拘置後、起訴される』『私の仕事はあなたの供述を変えることだ』などと言われた」と説明。「組織として私を有罪にするという(検察側の)方針を感じた」と当時の心境を語った。

 村木被告によると、逮捕から数日後、取り調べ検事から「執行猶予が付けば大した罪ではない」などと言われ、自白を迫られたという。「私にとっては、公務員として30年間やってきた信用を失うかどうかの問題。その時も泣いて訴えた」と言葉を詰まらせた。

 「言ってはいないことが書かれた調書を見せられ、署名を求められたこともあった」といい、署名を拒否すると、検事が「これは作文です。筆が滑ったところがあるかもしれません」と言って書き直しに応じたこともあったという。

 一方、検察側は、当時、村木被告の上司だった塩田幸雄・元障害保健福祉部長(58)(13日、香川県・小豆島町長に無投票当選)や凛の会関係者が、村木被告の関与を認めた捜査段階の供述調書を証拠請求。来月にも、地裁が採否を決定するとみられる。

 被告人質問は15日も行われる。

8歳長男殺害「家庭問題で悩み」容疑の母供述(読売新聞)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
簡易アンテナ無料で貸し出し=地デジ受信環境の確認用−総務省(時事通信)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)

裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見−宇都宮(時事通信)

 宇都宮市の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」で、介護職員5人が入所者の裸の写真を撮るなどした問題で、施設を運営する医療法人北斗会の尾崎史郎理事長らは19日午後、記者会見し、「介護に対し不信の念を抱かせ、おわび申し上げる」と謝罪した一方、「決して虐待ととらえなかった」と弁明。問題を市に報告しなかったことを明らかにした。
 同会によると、今年2月に職員から聞き取った結果、上半身裸で四つんばいになった男性入所者の撮影、女性入所者のほおへのペイントのほか、20代の男性職員が、入所者を必要以上に高い位置からベッドに移したり、後頭部を手のひらで強く押したりしたことが判明したという。
 尾崎理事長はこうした行為を「不適切」としたが、虐待と認識せず、報告しなかったことについては「厚生労働省の虐待防止法などを検討した結果だ」と説明した。
 同会はかかわった職員5人のうち、4人を訓戒処分とし、これまでに3人が自主退職した。 

雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
トヨタへの訴訟併合=米加州で審理へ(時事通信)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)

コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)

 6日午前2時35分ごろ、大阪市淀川区塚本のコンビニエンスストア「ローソン塚本2丁目店」で、男がアルバイトの男性店員(28)に果物ナイフのようなものを突き付け「金を出せ」と脅した。男は店員がレジから出した現金約3万円を奪い、逃走。店員にけがはなかった。淀川署は強盗事件として捜査している。

 男は50〜60歳くらいで身長170〜175センチ。黒っぽいダウンジャケットにズボンを着用。黒っぽいニット帽をかぶり、マフラーで顔を隠していたという。

【関連記事】
「気付いたら手に…」 JR東の車掌、花見の女性の財布盗み、殴った疑い
沖縄で外国人がタクシー強盗
路上強盗、新婚旅行費30万円奪う 北九州
景品交換所で発砲、強殺未遂容疑で無職男逮捕 
すき家に強盗、冷蔵庫に店員を入れて逃走
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

射爆場返還は困難=沖縄防衛局長(時事通信)
多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出(読売新聞)
落とし物を届ける間に出火、ラーメン店全焼 和歌山(産経新聞)
民主に「デフレ脱却議連」 日銀に金融緩和圧力(産経新聞)
<DNA>全国13地検に長期保管用冷凍庫 法務省方針(毎日新聞)

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)

 ビートルズやボブ・ディランら欧米のベテランロッカーやミュージシャンの特集記事で人気の老舗月刊音楽誌「レコード・コレクターズ」が、主要読者層の高齢化を受け、4月15日発売の5月号から活字を現在より約10%大きくすることが2日、分かった。「字が細かくて読みにくい」との読者からの要望に応えたという。かつて若者文化の象徴だったロック音楽だが、時の流れには逆らえない?!

 同誌は昭和57(1982)年にミュージック・マガジン社が創刊した。公称発行部数は約15万部。約10年前から、読者ニーズの取り込みに力を入れるため毎年12月号にアンケートはがきを付け、翌年の2月号に読者が選ぶ「再発CD年間ベスト20」や同誌への意見を掲載するなど活用してきた。

 ここ数年、アンケートはがきを送ってくる熱心な読者のほとんどが50代半ば以上で、「字が小さくて読みにくいので大きくしてほしい」という要望が編集部に多数寄せられたという。編集部内で協議した結果、5月号から文字の拡大など大幅な誌面刷新の実施に踏み切ることにした。

 同誌の寺田正典編集長(47)は「編集部内では文字拡大による情報量減少を危惧(きぐ)する声もあったが、レイアウトに工夫を凝らし、減少は最小限にとどめた。実は私自身も最近、老眼鏡をかけて編集作業をしていることも影響しています」と話す。

 今回の同誌の刷新には、若者の洋楽離れやネットの普及による活字離れの影響もうかがえるが、寺田編集長は「ロック音楽が真に革新的で多くの人をひきつけたのは1980年代半ばまでで、そのころにファンだった若者がロック音楽とともに年を重ねている。読者の高齢化は避けられないが、若い世代にも親しめるようなメディアをめざしたい」と意気込んでいる。

 出版科学研究所(東京)の佐々木利春・主任研究員(59)の話「若者の情報源が雑誌からネットに移った昨今、雑誌の読者の平均年齢はどんどん上がっている。今後、若者向けの雑誌は成立しにくい。レココレのような読者の高齢化にきっちり応える取り組みは今後増えていくのでは」

原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念−日医会長選(時事通信)
日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)
若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)
足利事件、虚偽「自白」見抜けず…最高検報告書(読売新聞)
九州の公共事業14%減 前年度比 港湾事業は25%増(西日本新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。